顔汗ダラダラで化粧は台無し・昔はキレイだったのに・・・

昔はキレイだったのに・・・

 

ため息混じりに「昔はキレイだったのに・・・」と言ったのは、お若いころ、祇園の舞妓さんをしていた方でした。

 

顔汗ダラダラで化粧は台無し・昔はキレイだったのに・・・

 

私がそんな事を言っても、笑い飛ばされるのがオチですが、元舞妓さんが言うとドキッとしますねw きっともの凄〜くキレイだったんだろうと想像ができますものね(^^)

 

でもネ、そんなことで驚いていてはいけないのです。彼女の言う「キレイだった」は、私が思ったのとは少々ニュアンスが違っていたんです。

 

50代になった今でも充分に美しいその方は、「昔は顔に汗なんてかかなかった」からキレイだったという意味だったのです。

 

あれだけの着物を着て、おしろいを塗っている舞妓さんにとって、「顔に汗をかく」のはキレイじゃないんですね!

 

舞妓さんは、胸の上の方を帯で締め付けて汗腺を止めるというのは有名です。舞妓さんが全員それをやっているのかどうか知りませんが、そんな伝統があるということは、汗をかいてはいけないお仕事だってこと。

 

美しさの影には並大抵でない努力があるんですね。

 

今じゃ顔汗ダラダラ、お化粧なんて意味ない

 

そんな舞妓さん経験のある方なら、更年期の汗も同じ方法で止めそうだと思いませんか?

顔汗ダラダラで化粧は台無し・昔はキレイだったのに・・・

 

余り根掘り葉掘り聞くことはできないけれど、どうも更年期の顔汗はそれだけじゃ止まらないようなのです。

 

何しろ、更年期の顔汗ってだたの汗じゃありませんものね、壊れた蛇口のようにダラダラ流れ続けるんですもの、そう簡単に止まるわけがありません。それはもう、顔汗というよりも滝汗と言った方がふさわしいくらい(泣)

 

お化粧が汗で落ちてしまうなんてことがあってはいけない舞妓さん、お歳を重ねて滝汗をかくようになったなんて受け入れがたいことなのでしょうね。

 

少々投げやりになって、「今じゃ顔汗がダラダラでて、お化粧なんてしても意味ない」なんて言っていました。

 

顔汗を防いでキレイにしていたい

 

そんなことを言っていても、本音はキレイであり続けたいんです・・・これはみんな同じですよね?

 

一応、昔は今よりキレイだった私も、顔汗は大いに気にしているので、毎朝欠かさずサラフェを塗っているわけですw おかげでお化粧が落ちることもなく、顔汗のことを余り気にしないで過ごせています。

 

そんなに美意識の高い女性にアドバイスできる立場ではありませんが、余りに気の毒なのでサラフェのことを教えてあげました。

顔汗ダラダラで化粧は台無し・昔はキレイだったのに・・・

 

身を乗り出して、食い入るように私の顔を覗き込みながら聞いていた彼女は、その場でスマホからサラフェを申し込んだのでした。

 

もうね、サラフェがどういうものかとか、成分はどうだとか、確認する気もない様子。1分でも1秒でも早くサラフェを使いたい!そんな気持ちが伝わってきて、彼女の切実さ、そして、美意識の高さに圧倒されたのでした。

 

サラフェが顔用の制汗ジェルだってことだけでなく、更年期真っ盛りなのに顔汗をかいていない私を見て決断したんです!私としては、顔汗をかいていないってだけなのに、ちょっぴり鼻が高くなったエピソードでした(笑)

 

顔汗が止まって昔のキレイがよみがえる制汗ジェル♪