夏は意外に肌が乾燥する!その原因を知って秋老けを予防♪

夏の肌が乾燥するわけ

 

夏の暑い日、汗をかいているから水分も皮脂も十分に分泌されているはずなのに、夕方になると肌が突っ張っているという経験はありませんか?

 

夏は意外に肌が乾燥する!その原因を知って秋老けを予防♪

 

夏の肌に乾燥は無縁だと思いがちですが、実は、夏こそ乾燥注意なのです。

 

夏の肌が乾燥する理由は3つあります。

 

エアコンの風による乾燥

 

エアコンは、空気を冷やすときに出る水分を外に排出しています。ですから、エアコンの風はとても乾燥しているのです。この乾燥した風をそのまま受けてしまったら、当然ながら肌は乾燥してしまいます。

夏は意外に肌が乾燥する!その原因を知って秋老けを予防♪

 

いえいえ、エアコンは体を冷やすので使いません。夏はもっぱら扇風機を使っていますから、我が家は空気が乾燥することはありません。

 

という方もいらっしゃるでしょうね?汗をかいたところに扇風機の風があたるとひんやりして気持ちいいですね(^^)それに、扇風機だと空気を乾燥させることはありません。

 

でもネ、これは安心している場合じゃありませんよ。ひんやりするのは、汗が蒸発するときに気化熱をうばうからなのです。さらに、蒸発するのは表面の汗だけじゃなくて、肌の水分まで一緒に蒸発してしまいます。

 

これが、風にあたって肌が乾燥する理由です。

 

紫外線による乾燥

 

夏は紫外線量が非常に高くなります。

夏は意外に肌が乾燥する!その原因を知って秋老けを予防♪

 

地上に届く紫外線にはA波とB波があります。A波は、肌の奥深くにまで届いて、新しい細胞を作る基底層を破壊するほどの作用があります。一方B波は肌表面を刺激して、肌のバリア機能(異物が肌内部に侵入するのを防ぐ働き)を破壊します。

 

バリア機能を破壊された肌は、内部に蓄えた水分が次々と蒸発してあっという間に乾燥してしまいます。

 

日焼けした肌がカサカサしているのはこのためです。

 

日焼けするほどではなくても、紫外線の肌への影響はとても大きいので、UVケアは怠らないようにしなければなりません。

 

汗をかくことによる乾燥

 

汗をかくから乾燥とは無縁だと思っていたら大間違い!意外なことに汗によって肌が乾燥することがあります。

夏は意外に肌が乾燥する!その原因を知って秋老けを予防♪

 

肌の表面には皮脂膜という膜があって、油分で肌を覆うことによって乾燥を防いでいます。

 

でも、この皮脂膜は簡単にはがれてしまうのです。・・・汗をかいたときにそっと抑えているつもりでも、皮脂は取れているはず。化粧直しのときにあぶらとり紙なんて使ってしまったら、ますます皮脂膜が破壊されて乾燥肌になってしまいます。

 

夏は意外に肌が乾燥する!その原因を知って秋老けを予防♪

こちらの図は、イプサによって提供されたものをお借りしてきました。

 

汗をふきとったときには、平常時とくらべて22%もの水分量が肌からうばわれています。

 

以上のように、夏の肌は乾燥しがちなので、スキンケアは冬と同じようにキチンと保湿する必要があります。さらに、最後には乳液やクリームで油分を補い、皮脂膜を強化することを忘れないで下さいね。

 

とはいえ、昼間に汗を拭き取ったあとで油分を補うのは、スッピンならともかく、お化粧をしていたらできませんね?

 

そんなときは、そもそも顔に汗をかかないように予防する方法があります。

 

それは、顔用の制汗剤を使うことです。顔用制汗剤は以前からありますが、輸入品でトラブルの報告がたくさんあります。その点、日本人のために作られた顔用制汗剤サラフェなら、敏感肌の方でも安心して使えます。

 

夏の肌を乾燥から守る!日本初、顔用制汗剤サラフェのレビュー

 

夏の間に、いかに肌を守るかがアンチエイジングの基本です。秋になって急に老けたなんてことにならないように注意して下さいネ(^^)

 

関連ページ

顔に汗がしみてヒリヒリするのはなぜ?二度としみない肌を作る!
自分の汗がしみて顔がヒリヒリ痛むのは、肌のバリア機能が弱まって敏感肌になっているためです。まず、肌質そのものを改善する方法と、汗そのものを止めて、痛みを軽減する方法を書いています。
汗がしみてヒリヒリする方必見!丈夫な肌を作る化粧水BEST3
自分の汗がしみてヒリヒリするのは、敏感肌になっているからです。こちらでは、肌にしみないだけでなく、肌そのものを丈夫にする化粧水をご紹介します。すべて、超敏感肌の私が使って良かったものばかりです。