汗で落ちないアイブロウ!?夕方になっても#眉なしオバケにならない●●とは?

夕方になると眉なしオバケ(泣)

 

汗で落ちないアイブロウってないものでしょうか!?顔汗がひどくて、毎日夕方に眉毛がなくなってしまいます(><)

 

InstagramやTwitterに出没する10代の「#眉なしおばけ」たちは可愛いというか面白いけど、夕方のオフィスで振り向いた女子社員が眉なしおばけだったらどうですか?ドン引きしちゃいますよね・・・

 

汗で落ちないアイブロウ!?夕方になっても#眉なしオバケにならない●●とは?

(※さすがに写真を載せるのは恥ずかしいのでイラストでごめんなさい^^;)

 

朝は左の状態で仕事を始めるんですけど、夕方になると右の人になっているんです。これって怖くないですか?w

 

自眉がないわけではないのですが、薄い上に形が悪いので、眉頭だけ残して剃っているんです。アイブロウが落ちちゃうなら、マロ眉より自眉の方がまだましかな?なんて思ってみたりしなくもないけど・・・でも、やっぱりそれはできません。だって、眉で顔の印象って全然変わっちゃいますものね、そもそも自眉自体が薄いので余り存在感ないし(泣)

 

そこで、汗で落ちない眉についていろいろと調べましたので書いてみますね。

 

汗で落ちない眉を手に入れる3つの方法

 

調べて見つかった方法を書いてみますので、ご自分に合う方法を見つける参考にして下さいね(^^)

 

落ちないと言われるアイブロウ

 

普段はパウダータイプのアイブロウを使って、上から眉マスカラをしています。パウダータイプは自然に仕上がるので好きなのですが、落ちやすいのが難点です。

 

ネットで調べると、リキッドタイプのアイブロウと眉マスカラの組み合わせなら落ちないって書いてありました。お店で相談しても、それは最強です!落ちません!なんて言われるので、すっかり信じて買ってみました。

 

が・・・落ちました(><)

 

普通に汗をかく程度なら落ちないのかも知れませんが、流れるほどの滝汗を顔にかく人の眉まではキープできないようです。

 

眉毛タトゥー(アートメイク)をする

 

いっそ眉毛タトゥーやアートメイクをするという道もあります。

 

眉毛タトゥーとアートメイクの違いは、眉毛タトゥーが一生ものなのに対して、アートメイクは1年程度で消えてしまいますから毎年やり直す必要があることです。

 

眉毛タトゥーをしてしまえば、一生アイブロウを使う必要がなくなりますから、楽なのは確かです。でも、眉の形って流行があるからそこが難しいところです。今は太眉が流行っていますが、いずれ線のような細眉ブームが来ないとも限らないし・・・嫌だけどw

 

そう考えるとアートメイクの方が良さそうです。それならアートメイクをしましょうか?

 

ちょっと待って下さい!!!

 

アートメイクも眉毛タトゥーと同じで、顔に刺青を入れることです。ここは慎重にならなければなりません。皮膚に針を刺して色素を入れるのが刺青ですね、針を刺すのは医療行為になるはずですが、実際には街のサロンで行われていることが多いようです。

 

みんなサロンでやってるわよ、大丈夫なんじゃない?と思ったら大間違いです。アートメイクや眉毛タトゥーの危険性について、スキンケア大学のHPに六本木境クリニック院長、境隆博先生が詳しく書いておられますので一部を引用します。

 

アートメイクは、主に目の周辺の皮膚に針を刺し、色素を入れる行為です。前述の通り、肝炎やHIVなど深刻な感染症や角膜障害、アレルギーのリスクがありますので、必ず医療機関で施術を受けるようにしてください。

 

また、刺青もそうですが、入れるよりも除去する方が大変で、入れた部位や色素の量などによっては、除去できないこともあります。「気に入らなければ消せばいい」などと考えるのは大きな間違いです。

 

アートメイクは間違いなく刺青(タトゥー)の一種であり、入れる時も除去する時も、かなりのリスクを伴います。メイク(化粧)感覚で気軽に、しかも安全性の疑わしい医療機関以外のサロンなどで施術を受けるのは絶対にやめていただきたいと思います。

さらに、消費者生活センターにも2006年からの5年間で121件もの苦情が寄せられているそうです。

 

一番多いのは皮膚障害で、内部が化膿して治らない、いつまでもハレや痛みが引かないなどとなっています。さらに、左右の形が違ってしまったり、思ったような形でなかった場合など、簡単にやり直すことなどできないだけに慎重になりたいものです。

 

眉毛エクステはどう?

 

こちらはマツエクと同じように、眉毛にエクステをつける方法です。

 

自眉を抜き過ぎて生えなくなった人や、元々薄眉の人に人気で、このところブームになりつつあるみたい。

 

眉毛タトゥーやアートメイクに比べると、安全で良さそうですね!

 

ただ、モチは余り良くないみたい・・・こちらもマツエクと同じくらいで、だいたい2〜3週間だそうです。それに、マツエクと同じなのはオイルクレンジングが使えないことと、毛並みに添って洗わないと取れやすいので注意が必要です。

 

お値段もマツエクと同じくらいで、一回に60本〜100本程度つけるとして5,000円〜7,000円程度が相場のようです。眉毛はまつげ以上に目立ちますから、なくなる前にやり直したいですよね?そうなると、月に10,000円〜14,000円程度かかることになります。

 

毎月、眉毛にこれだけかけるのはちょっと考えてしまいますね?眉毛エクステは、海や旅行に行く前だけのスペシャルでとらえた方が良さそうです。もちろん、お金に余裕があるなら一番良い方法だと思いますよ。

 

なぜアイブロウが落ちてしまうのか、原点に帰ろう

 

そもそも、アイブロウが落ちてしまう理由は顔汗をかくからなんですよね?

 

ここまで、顔汗は放っといて汗をかいても落ちないアイブロウばかりを探してきました。でも、汗で落ちるのってアイブロウだけですか?私はファンデーションやコンシーラーを使って隠したはずのシミがバッチリ見えていた!なんてことが良くあります。

 

シミは眉毛ほどは目立たないけど、できれば隠し通したいと思うのが本音です。

 

それなら、いっそ顔汗そのものを抑えて、朝のメイクが落とすまで続くことを考えた方が良さそうですね(^^) 汗を抑えるんなら制汗剤ですよね?でも、顔に使える制汗剤なんてあるのかしら・・・

 

汗で落ちないアイブロウ!?夕方になっても#眉なしオバケにならない●●とは?

ありましたよ!それはサラフェと言って、顔専用の制汗ジェルです。化粧水が乾いたところにつけると、美容液や乳液、化粧下地の役割もしてくれるオールインワンジェルなんです。

 

痛くて危険な眉毛タトゥーやアートメイク、毎月1万円以上もかかる眉毛エクステをすることを考えたら、眉毛だけじゃなくてメイクそのものが全然落ちないなんてステキじゃない?

 

アイブロウが落ちないだけじゃない、化粧直しの回数が激減!顔用制汗ジェルサラフェのレビュー

 

関連ページ

化粧崩れ予防|仕事中に化粧直しするタイミングはいつ?
顔のテカリに悩まされて来ましたが、顔用制汗ジェルを使ったらすっかり解消されました!あぶらとり紙はもういりません!化粧崩れも全くなくなりました♪
化粧崩れ予防|鼻汗はボトックス注射しないでで止められる!
鼻の頭に玉のような汗をかくのって恥ずかしいですね?すぐにファンデが取れてしまって、鼻の化粧直しだけ何度も繰り返すことに・・・もう大丈夫!そんな悩みは解決します(^^)
化粧崩れ予防|お酒を飲んでもファンデが溶けない♪ビヤガーデンも怖くない
お酒を飲むと、体温が上がって毛穴が開き、キレイに塗ったはずのファンデが溶けるほどに化粧崩れしてしまいます。いっそ、飲み会はファンデなしで!なんて、若い子じゃないからできないし・・・と悩んでいたら、とても良い解決法を見つけました!
結婚式に振り袖を着たい。胸を締めつけると汗が止まるってホント?
1ヶ月後に友達の結婚式があります。振り袖は未婚出なきゃ着られないと聞いたので、今のうちに着ておきたいと思っています。でも、結婚式会場の空調ってノースリーブのドレスを着た花嫁さんでも寒くないようにしているので汗が不安です。いろいろ試して最高の方法を見つけました!
着物を着た後の汗ジミが心配!着物着用時の汗対策
夏でも着物を着たい方必見、汗に弱い正絹の着物を着るときの汗対策と、汗をかいてしまった後の対策も教えます。
自転車に乗るとお尻に凄い汗、汗取りガードル重ね履きしてたのがウソみたいに解消♪
自転車に乗ると、ほんの10分程度でもお尻に大量の汗をかきます。汗取りガードルを2枚重ねしていても、サドルが湿っぽく、ズボンに汗ジミができることがあります。そんな私を助けてくれた方法をご紹介します。